甘えっこ ぷんちゃん

おとこのこは甘えん坊?

くーちゃんに甘えたいぷんちゃん

くーちゃん=ねこと思っている飼い主1でしたが、
くーちゃんとぷんちゃんの違いにびっくりしています。

一番の違いはぷんちゃんがとても甘えん坊なこと。

飼い主の上に乗る

座っているときは膝、寝転んでいるときは胸またはお腹の上に
乗ってきます。
くーちゃんは自発的に乗ってくるときが稀にあるくらいなのに
ぷんちゃんはそれが当たり前のように乗ってきます。

そして、いいポジションを探して、岡山弁で言うところの
「いごいご」します。

いごいごする –
(小さい子などが)うろちょろとする、手悪さなどする。美作地方では使用されない。(例)「いごいごせんで、じっとせられえ」(うろちょろしないで、じっとしなさい)

wikipediaより

上記の訳だと、私が使いたい「いごいご」のイメージ違いますが、
よい体勢を見つけるために少しずつ体勢を変更している
(もぞもぞが近いのかな?)という感じで捉えていただきたい。

そっと寄り添う

で、いごいごして、いいポジションが見つけられなかったり、
飼い主1が寝返りをうちまくったりした場合には、横に寄り添い
ます。
こっちのほうが寝返りがうちにくい。。。

また、上に乗れないと思ったときにも、そっと隠密状態で横に
寄り添ってくるので、たまにびっくりします。

といった感じで、飼い主たちがいる場合にはぷんちゃんがすぐ
近くにいることが多いです。

こっちを見てなでなでしてほしい

ぷんちゃんは抱っこしているときに、ものすごく何かを訴えて来ます。
なでなでかな?と思ってなでなでしても、止まらない直訴。

「なんだろう」と思いつつ、ぷんちゃんの顔を見てなでなですると、
直訴がなくなり満足した様子。
よしよしと、抱っこしながら他の作業(携帯を見たり、ゲームをしたり)
を開始すると、再度直訴が開始されます。

眠いので猫相のわるいぷん氏
眠くないときの甘え顔

ということで、甘えたいときには100%でもってぷんちゃん対応を
実施しなければならないようです。

ごはん

カリカリマシーン訓練として、ぷんちゃんにはケージの2階で
ごはんを食べてもらっています。
自分で登れる能力があるのですが、飼い主に2階まで連れて行って
もらおうと、「にゃーにゃー」言います。

ハンモックから2階までは登るのに、1階からハンモックには
頑なに自分で登ろうとしません。
飼い主たちの在宅勤務が終わったら、登れないと食べられない
んですよ。がんばってくださいね。

くーちゃんは

そんなに甘えたくはないし、飼い主たちの近くにずっといたい
わけではないけれど、飼い主たちがずっとぷんちゃんと一緒に
いるのは面白くない。
といった感じで、ちょっと離れたところからじっとこちらを
見ていることが多いです。

そんなときには、飼い主たちからくーちゃんのもとにお伺いし、
「くーちゃん、かわいいね(なでなで)」
「くーちゃん、すきよー(なでなで)」
などと、くーちゃん詣でを実施します。

くーちゃんは「かいぬし1はうっとうしいですね。」みたいな顔を
しながらも、ご機嫌なときのしっぽの動きを見せたり、
「あごをなでなでするのです」といった感じであごを差し出して
くるので、かわいいです。

く「また、ぷんをひざにのせてますね。。。」

ぷんちゃんみたいに全力で甘えてほしいものですが、
ツンデレもまたかわいいものです。

コメント

  1. […] 前々からご紹介しているとおりですが、ぷんちゃんは甘えっ子です。抱き上げると、すぐに「ぷんすぷんす」言い出し、ちょっと撫でると「ぷすぷすぷすぷす」と荒くなり、やがて「ぶ […]

タイトルとURLをコピーしました