くーちゃんと 母

母、襲来

「あのひと、えんりょがないですね」

ぷんちゃんがうちに来る前の話です。

急を要する用があり、不急不要の外出を控えるようにと
言われている昨今、母に来阪してもらいました。

新型コロナウィルスが蔓延しているであろうこの状況で、
新幹線に乗って大阪に来てもらうのはかなり申し訳ない
気持ちになりましたが、
とはいえ、父か母か姉に来てもらわなければなんとも
ならないという状況で、かつ父はちょっとな。。。と
いう用件。

姉は小学生の子供もいますし、年度末は忙しい仕事をして
いることもあってお願いしづらく、
母を召喚するという結果になりました。

母への接待

母とは13:00くらいに待ち合わせし、昼ごはんを食べて、
14:30から用件を済まし、夕方以降に我が家に帰宅。
夜は歩いて15分くらいのところにある鯛めしの美味しい
お店に連れて行くこととし、我がマンションのゲストルームに
泊まっていただく流れとしてました。

母とくーちゃん

くーちゃんは知らない人に対し警戒をしていましたが
母はそれを無視して、うざいくらいに構おうとしています。
強い。。。

とはいえ、くーちゃんも逃げる一辺倒ではなく、ちょっと
気になるようでたまに近づいてきたりします。

母は、くーちゃんの近くにおもちゃを投げたり、
いないいないばぁをしたり、追いかけてみたりと、
私から見ても、まあうざい。

で、飼い主2が帰宅した瞬間に、くーちゃんは助けてもらおうと
飼い主2にまとわりつき、母から遠ざかろうとします。
母は「やっぱりお父さんがいいのねー」と言ってましたが
さすがに今日初めて会った人に負けるのは辛いです。

くーちゃんがなかなか仲良くなってくれないので、自分の
食べているベーコンエピのベーコンを手に持って
「ほらおいでー」みたいなことをやっており、
私(飼い主1)は激おこです。
くーちゃん的には、まったく気にもかけていなかったので
よかったですが。

結局

くーちゃんと母の遭遇は夕方~夜までの数時間と、朝の
小一時間くらい一緒にいましたが、くーちゃんと母が
仲良くなることはありませんでした。

が、私としては、今回の状況によって、くーちゃんを
実家に連れて行くという案が未来永劫なくなったことが
決定されました。

「ちょっとすとれすたまりましたよ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました