くーちゃんとぷんちゃん~邂逅~

突然のぷんちゃん

く「これはなんですかね?」
この写真、ふたりとも面白くてすごく好き。

突然、ぷんちゃんというしろくろのちいさいのと暮らすことになった
くーちゃん。
初邂逅がどんな感じだったかをお伝えいたします。
が、我が家の事情で、よきとされる方法での邂逅でなかったため、
参考にはされないようにお願いします。

ご対面

とりあえず、ぷんちゃんはポータブルケージ内、くーちゃんは
フリーの状態で会わせることになりました。

この日、くーちゃんは、午前中にぷんちゃん用のケージに
入りたかったにも関わらず、思う存分入らせてもらえなかった
こともあり、ご機嫌斜めだったようで
いきなり「ん゙~~~」というような、くーちゃんから聴いたことの
ない声を発し、「シャー」を何回も繰り出していました。

くーちゃんがとてもおこなので

いったん、ポータブルケージを寝室に移動させ、
くーちゃんとぷんちゃんを引き離します。

で、2~3時間ごとに、少しずつ会わせる作戦を取りましたが、
くーちゃんは「ん~~~」と「シャー」をやめません。

ぷんちゃん用のケージを組み立てて、ケージ内に入れましたが、
くーちゃんがケージの外から手を入れてぷんちゃんを叩こうと
するので、ポータブルケージに移動させて距離を取ることに。

寝室で楽しそうに、Switch liteの上にのるぷんちゃん

二日目

午前中、くーちゃんは「シャーシャー」言ってたのですが、
だんだん慣れてきたようで、ぷんちゃんがケージの中にいる
場合については、「シャー」を言わなくなってきました。

が、執拗な監視を実施します。

くーちゃんの目が怖い

ぷんちゃんは出たいので、一生懸命「にゃーにゃー」と出して
アピールを実施します。

ぷ「これがなければでれるです」

あまりにぷんちゃんの「にゃー」がうるさいと、くーちゃんからの
注意が入ります。

パンチを繰り出すくーちゃん

ぷんちゃんはマンチカンかつ子猫なので、手足が短く、まったく
くーちゃんに届きませんが、一生懸命反撃しようとしています。

三日目

ぷんちゃんの存在に、くーちゃんがだいぶ慣れたみたいで、
ようやくぷんちゃんをケージの外に出してもいい雰囲気に。

く「ようやく、くーちゃんのになりましたね」

くーちゃんとぷんちゃんはじゃれているというか、
くーちゃんが一方的にぷんちゃんにヘッドロックをかまして
甘噛みをしています。
ぷんちゃんは「にゃー」と「ぎゃー」の間の声を出しているので
あまりに声が大きくなったり、くーちゃんがハッスルした場合のみ
止めるようにしました。

四日目

くーちゃんの「ん~~~」と「シャー」が出なくなりました。

たまにくーちゃんがハッスルしたりすると、ぷんちゃんをしまう
くらいです。

ということで、くーちゃんとぷんちゃんは、一緒に暮らすことに
なりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました