飼い主1と ワクチン接種3回目

ぷ「どうしたのー?だいじょうぶー?(大音量)」

その時が

私こと飼い主1は職域摂取(武田・モデルナ)で1回目、2回目の
コロナワクチンを摂取しました。
3回目も職域摂取(武田・モデルナ)を摂取しましたので、ちょっと
レポートしたいと思います。

く「かいぬし1、ねてばかりですね」

1回目、2回目

1回目はちょっと腕が痛いくらいでしたが、2回目はがっつり
熱が出て、とてもしんどかったです。

詳細は下記の投稿をご覧ください。

3回目の所感

2回目が一番つらかったのは間違いないですが、今までと
少し異なる症状がでたので、それはそれで辛かったです。

出た症状:熱(とりあえず38℃を超えてからカロナールを飲む)
     筋肉痛(ものすごく痛い)
     左脇リンパ腫れる(このおかげで熱もある)

3回目の時系列

当日
15:45頃 摂取
     当日は、春先でちょい冷えでしたが、半袖ニットと暖かめ
     カーディガンとスプリングコートでした。
17:00頃 帰宅し仕事。
20:00頃 夜ごはん。普通に食べれた。
22:00頃 大事を取って、早めに就寝。

翌日
3:30頃  なぜかきっかり目が覚め、眠れないかなと思いながら
     ごろごろ
6:10   起床時間。36.8℃。左腕が腫れており痛い。
     これなら在宅勤務できそうな感じ。
7:30頃  急にしんどい。熱が37.3℃だけど、寒い。
     まさに今から熱が上がる感じがするので、休むことに。
8:00頃  37.8℃。熱は前回より上がらないが、筋肉痛がひどい。
     イオンウォーターとヤマザキのスティックパン
    (チョコチップ)を買ってもらっていたので、枕元に持って
くる。
     お腹は鳴っているが、食欲なし。とりあえず、イオンウォー
     ターを飲み、パンを1本食べる。
11:00頃 38.5℃。めでたく38℃を超えたので、カロナールを飲む。
12:00頃 37.3℃。パンを食べ、イオンウォーターを飲み、眠る。
16:00頃 37.7℃。4時間超えたのでカロナールを飲む。
     左腕に注射されたが、左の脇のリンパ節が腫れていることに
     気づく。痛い。
18:30頃 飼い主2帰宅。カロナール効果によりごはんを食べられそう
     なので、いっしょに夕食。
     その後はひたすら眠って、起きたらイオンウォーターを飲むの
     繰り返し。

翌々日(この日は飼い主1も2も在宅)
6:10   起床。36.3℃。引き続き筋肉痛がひどく、左脇が痛い。
     熱あんまりないし、在宅で仕事することに。
12:00   37.5℃。食欲なし、レトルトおかゆを食べ、カロナールを
     飲む。
15:30  37.3℃。熱よりも筋肉痛と左脇の痛みと頭痛により、早退。
     寝る。
19:30頃 37.3℃。出前館でうどんを注文したので、それを食べる。
     その後寝る。

その次の日
0:30頃  飼い主2の就寝時間。起きてしまった。
4:00頃  ここまで眠れなかったけどなんとか寝た。
6:10   起床時間。起床できない。
7:30   起床。36.5℃。筋肉痛は1割程度まで低下、脇の下もそこまで
    痛くないのでいけそう!!!
9:30   勤務開始
12:00   うどんを食べる。おいしい!
18:00  勤務終了
19:30  夜ごはん。おいしい!

くーぷんの心配

ぷんちゃんは、飼い主1が寝ているところに押しかけてきて、
ずっと話しかけてくれました。
飼い主1は眠りたいのよ、ぷんちゃん。。。

ぷ「どうしたのーーー?ぷんちゃんきたよー」
現実には「ぷーん」、「みゃー」、「ぷゎー」
ぷ「なんだかふみふみしたくなったよーー」
ぷ「ぷんちゃんも、ここでねるよー」

くーちゃんは心配しているそぶりを見せていましたが、
ぷんちゃんが寝室にいるのでリビング待機してくれていた
ようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました