くーちゃんの 下半身

「あのふわふわをおいかけなきゃ!」ぐるぐるー

下半身もくーちゃんの一部ですよ

どうも、くーちゃんは下半身のことをあまり気にしていない
ようです。

「ばっちりはいれますね!」

子猫のころは、犬、猫のテンプレートである、自分のしっぽを
追いかけるをやってました。

そして、ダンボールに入ったり、カーテンの裏に隠れたりする
場合は、必ずしっぽをはみ出させています。

「かいぬしたちは、くーちゃんがどこにいるかわからないはずです」
「おそとみます」
「ねむいので、ほっといてください」
「くーちゃん、おこりましたよ、あっちいってください」
「これでくーちゃんもてれびにうつっているはずです」
「いたずらしたから、にげます」

隠れる判定は顔のみ

隠れてるつもりのくーちゃんはものすごくかわいい。

「ちゃんとかくれてるのに、なんでこっちみてるのかな?」
という顔をするのが、本当にかわいい。

「ぜったい、あいつにきづかれてませんね」

たまに飼い主1に踏まれる

キッチンでサイレント近寄りをされて、くーちゃんのしっぽを
踏みつけたことが2回。
1回目はしっぽ本体をぐにゅっと踏んでしまいました。
飼い主1は気付くものの飼い主1の反射神経の問題で、結構体重を
かけてしまい、くーちゃんは「くるる」と鳴いてダッシュ。
ごめんねと謝りました。
2回目はしっぽの毛を踏んじゃって、引っ張られたくーちゃんは
立ち上がりダッシュ。
その際に、結構毛が抜けました。
ごめんねと謝りました。

踏まれた瞬間ににゃーと鳴いてほしいです。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました